工事の流れ

1.地鎮祭

ご要望により、地鎮祭や起工式を執り行います。

2.基礎工事

建物を支える基礎を築造します。事前に行われる地盤調査の結果によっては杭や地盤改良工事を行います。

3.配筋工事

片側だけ建て込んだ型枠の内側に、鉄筋を配筋していきます。開口部まわりや梁下には負荷が掛かりやすくクラックの原因になるため、補強筋を入れていきます。

4.型枠工事

鉄筋の配筋後、内側の型枠を建て込んでいきます。

5.コンクリート打設工事

ポンプ車などを使い、生コンクリートを流し込みます。基本的に壁から天井までを1回で打設していきます。

6.上棟時のお立会い

最終階のコンクリートを打設後にお客さまの立会いのもと、現場の確認を行います。

7.内部仕上げ工事

軽量鉄骨や木材で間仕切りの骨組みを作ります。そこへボードを張り、クロスや塗装で仕上げます。内装に打ち放し面を取り入れたデザインも可能です。

8.外部仕上げ工事

打ち放しはもちろん、タイル張りや塗装仕上げなど、幅広い外装仕上げが可能です。