ツタを甘く見たら大変なことになりました

a83a664a1450355597cbe2f380351006_m-min
こんにちは!人さまの着付けを完全に忘れた営業部の嵩下です。
大変な思いをして和装の学校を卒業したのに、振袖の着付けの仕方を忘れてしまいました。
何事も継続が大事です。


さて、本日は弊社が所有する賃貸物件で起きた事件について少しお話したいと思います。

ツタってちょっとおしゃれなイメージがありますよね。
ヘッダー画像のように、石やレンガ造りの建物にツタが絡んで、素敵な街並みを演出してくれます。

が、現実はそんなに甘くありません。

先日、壁に蔓延っていたツタを撤去したところ、大変なことになりました。
2階の窓にかかってしまい、慌てて撤去したのですがご覧の通りです。
dsc_0503-min

dsc_0498-min

ツタの足(根)が塗膜の下に入り込んでしまい、撤去する際に塗膜ごとはがれてしまったのです。
美観上、大変よろしくない状態なので、補修することになりました。

2階まで伸びてしまっていたので、補修をするにも足場を架けねばならず大変な作業です。
全面塗り替えが一番きれいに仕上がりますが、収支を考えるとそこまで費用を掛けるのは難しい状況です。

ツタは生きている部分が少しでも残っていると、そこからまた成長してしまうため丁寧に撤去しなくてはいけないそうです。

もし、ご所有されている建物の周囲に放置されているツタがありましたら、早めの撤去をお勧めします。
特に弊社物件のように、手前に植栽があるとツタが大きくなるまで気が付きにくいので要注意です。

万が一、撤去して塗膜が剥がれてしまいましたら弊社へご相談くださいね。