次世代住宅ポイント説明会に行ってきました

こんにちは。営業部の山口です。

先日、次世代住宅ポイントの説明会に参加しました。とても興味ある内容でしたのでご紹介します。

国土交通省のホームページを見ると次のように掲載されています。

「 次世代住宅ポイント制度は、2019年10月の消費税率引上げに備え、良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、消費者の需要を喚起し、消費税率引上げ前後の需要変動の平準化を図ることを目的とし、税率10%で一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。」

本年10月以降、消費税率のアップに伴い、住宅購入を見合わせる人が必ず出てきます。端的に言えば、新築や増改築の需要が一時的に激減するのではないかと予想されています。それを防ぐため政府として、10月以降に住宅を購入したり、リフォームした場合、工事内容によって一定のポイントを付与し、2%増税した分を特典(景品)として還元する制度をはじめました。

たとえば、古くなったご自宅をリフォームする際、ビルトインの食洗器を設置したり、掃除しやすい節水型のトイレに交換したとします。これらの工事が「家事負担軽減に資する設備の設置」という項目に該当した場合、ビルトイン食洗器だと18,000ポイント、掃除しやすいトイレもおなじく18,000ポイントが付与されます。

工事の内容によっては、20万ポイントや30万ポイントまで到達することも十分に考えられますので、10月以降に住宅購入を検討されている方、またはリフォームをお考えの方は次世代住宅ポイント制度は必見の価値ありです。

当日の配布資料