こんばんは、最近データベースづくりに凝っている営業部アシスタントの嵩下です。
某社のデータベース作成アプリを使っているのですが、奥が深くておもしろい上に生産性も上がり大助かりです。

さて、本日はタイトルにもありますように、もしかしたら将来すごい発明がここから誕生する、かもしれない研究所の新築現場のご紹介です。
現場監督から完成イメージパースが届きましたのでご紹介したいと思います。
まずは建築概要から・・・

川崎市が形成を進めている、産学公民の連携による創造的研究開発拠点「新川崎・創造のもり」。
JR横須賀線・湘南新宿ライン「新川崎駅」より、徒歩約10分の場所にあります。

今回露木建設で施工させていただいているのは、第三期事業となる「ナノ・マイクロテクノロジーを核とした産学官共同研究施設」の研究棟です。
建物は「研究棟」と「クリーンルーム棟」から形成されています。
鉄筋コンクリート造、地上2階建ての建物です。
弊社が担当する工区は今年7月中旬より着工しておりまして、2012年3月中旬に完成予定です。

こちらがその完成イメージパースです。
新川崎地区産学官共同研究施設研究棟完成イメージ
露木建設にて施工している研究棟は、パースで説明しますと手前の道路と並行に建っている建物です。

現場の施工状況写真が届きましたらUPしますので、お楽しみに。