おはようございます、実は二級建築士の営業部アシスタント 嵩下です。
渋谷区内にて施工中のとある現場監督より、現場の写真が届きましたのでご紹介します。

まずは建築概要から・・

新宿の都庁に近い渋谷区本町にて鉄筋コンクリート造、地上3階建て全15戸の賃貸マンションです。
山手通りから少し入った場所なのですが、一戸建ての住宅が立ち並ぶ一角です。

完成イメージはこのような感じです。
渋谷区本町project新築工事完成イメージパース

2011年7月末より着工し、現在1階部分のコンクリートの打設が完了したところです。

1階立上り(壁)から2階スラブ(床)のコンクリート打設 2011年10月12日にコンクリートの打設が終わりました。

 

 

 

 

1階立上りコンクリート打設後の様子こちらは翌日13日の様子です。
すでに打設したコンクリートの表面が硬化しています。
打設したコンクリートは時間が経つほどに強度を増す材料です。
型枠を解体するのは、定められた期間をおくか、定められた強度の発現を以って行ないます。
また梁や壁など部位によって型枠の残置期間も異なります。

露木建設では、現在新築工事で10件の現場が動いています。
個人の住宅もあれば、診療所、変わったところですとプラネタリウムドームなども施工しています。
また新しい写真が届きましたらご紹介しますね。