はじめまして、設計部の木村と申します。3次元CADの作成を担当しております。
3次元=3Dというと、映画・TV・ゲーム等々、今では聞きなれたコトバですが、3次元CADというのは、住宅広告に【完成予想図】と称した、写真の様な画像が載っていますよね!まさしく、その【完成予想図(パース)】を作る建築設計ソフトです。
家を建てるには設計図面が必要ですが、平面図、立面図などの図面は、見慣れないとなかなか全体のイメージがつかみきれません。そこで立体的な外観・内観パースを用いる事で、施主様にご提案内容をより分かり易く、ご確認頂く事ができます。
建物全体のイメージ確認だけでなく、例えば外壁のタイルをどちらのカラーにしょうか迷ってしまう・・・などという時も、何種類か外観パースを作成し、お役立て頂いております。

(タイル:ベージュ)
(タイル:ブラック)

 又、計画地写真に外観パースを取り込み、実際に建てた場合の近隣との高さ関係、雰囲気などもご確認頂けます。
内観パースでは、【ウォークスルー】という機能があり、実際に室内を歩きまわるといった疑似体験ができます。
プランや仕様など、ご計画を進めていく中で迷いが生じる事もでてくるかと思います。その様な時には、ぜひご活用いただければと思います。